株式会社の株式を一定数以上保有することで受けられる株主優待制度を有効利用している株主も少なくないようですが、どのような株主優待が受けられるのかは一般的にはあまり知られていない傾向にあります。
株主の中では有名でも、これから株取引を始めることを考えている段階の人の中での知名度は高くはないため、株主優待のことを知っておくと今後のためになるかもしれません。

株取引では株式の扱い方や選び方などが最も大事ですが、株主優待を受けられる場合は受けた方が得です。
日本の上場企業3685社中1307社が株主優待を実践しているため、株主優待を重点に置いて株式会社を選ぶ株主も存在しているようです。
株主優待は制度の一つですが、法的な義務は明確になっておらず、個人の判断で義務が左右されます。
そのため義務を定めない企業も多く、株主が株主優待を受けやすい環境になっています。

株式投資には初心者でも始めやすい低位株という株価の低い銘柄もありますが、低位株は変動率が高く注意が必要です。
低位株は仕手筋のターゲットになることも多い為、運用する場合には意外とリスクが高いことも事実です。
株で資産を増やすことを重視するより、株主優待で優待を手に入れることが非常に人気を集めています。

株主優待で人気の商品とは

食事や買い物で使える商品券株主優待の優待内容は、各株式会社の取り扱いサービスに沿った内容となっています。
飲食店の場合は食事券が株主優待として提供され、家電量販店の場合は買物券が優待内容として提示されています。
食事券や買物券は生活に役立てやすいため、主婦の株主に人気が高い傾向です。
映画や旅行などの娯楽に関係した株式会社の優待内容は映画優待割引券や宿泊券で、生活の足しになる優待内容ではなく娯楽の費用を浮かせる優待内容も人気があります。

ただ、株主優待を受けることができる人には条件があります。
株式会社によって株式優待に必要な金額は異なりますが、人気の株式優待は必要金額がそれほど高い設定ではありません。
優待内容が良くても株主となる側には金額制限があることが多いため、株主優待のために必要な金額が高いと人気は伸びていません。
人気の株主優待も各株式会社で必要金額には差が見られますが、10万円以下から100万円弱の株式優待が人気です。

株主優待も目的としている株主は必要金額だけでなく優待内容を重視することもありますが、一般的には株取引の付属として株式優待の存在を考えている人が多く、必要金額が家計に痛いほどの金額ではない上に生活に役立つ優待内容の株主優待が人気を集めています。
元々の資金と受けたい株主優待を考慮して株主は株式優待を選ぶとされますが、大きな賭けをせずにゆったりとした気持ちで株取引を行っている人は優待内容が魅力的でも必要金額で無理をしないようです。

配当についても忘れてはいけない

株式優待では優待内容も忘れてはならない項目ですが、配当についてもしっかりと考える必要があります。
銘柄によっては高配当が狙える株もあるので注視すべきでしょう。
配当とは株式会社が得た収益の一部を株主に分けることで、配当金を定める配当利回りは基本的に変動する可能性があるので時に上がったり下がったりします。
配当金は1株あたりで決められており、持ち株1株10円の場合は100株所有すると1000円となります。
配当利回りが良い時は少し増えることもあり、持ち株を1株ではなく何株も保有する理由は配当金を考えてのことです。

配当利回りは、証券取引が公開している情報で確認することができます。
株式会社によって短い期間に大幅に変動するところと、大幅ではないが若干の変動が短期間でみられるところ、あまり変動がみられない株式会社があります。
配当利回りの変動は1日の中で起きることは通常のことですが、取引をしている株式会社の経営状況をある程度調べることも大事です。
現時点で大手の株式会社は倒産危機について考えられないとされますが、中には危ない株式会社もあると言われています。

人気のある株式優待は食事券や買物券といった生活に役立つ券を優待内容としているものと、宿泊券や映画割引券といった娯楽で使える券を優待内容としているものです。
株式優待に必要最低限の金額と配当利回りも大切なポイントで、株取引に慣れている株主は株式会社の経営状況をチェックした上で株主優待と配当金で良いところを選ぶとされます。

株主優待は多く株を持っている人が有利

食事券などの商品券を優待内容にしている株主優待は、持ち株数に応じた金額分の券を提供するシステムになっていることがあります。
持ち株100株で1000円分といったように株数ごとで定められた分の金額が受け取れるわけですが、株式会社によってこのシステムには違いがみられます。
ある株式会社では1000円分商品券を持ち株100株で受け取れますが、1000株保有時も1000円分で10000万円分の商品券にはならない株式会社がほとんどです。

しかし、中には株数に応じて金額も上がっていく株式優待を取り扱う株式会社もあります。
持ち株100株1000円分で、500株になると6000円分、1000株になると1万2000円分にアップしていきます。
持ち株100株で1000円という計算で、500株6000円分では1000円分得になり、1000株1万2000円分では2000円分得になります。
このようなシステムがある株式会社の株主優待では、100株よりも500株や1000株保有した方が得です。

株取引を行っている株式会社の取り扱いサービスを利用することが多い場合や、そもそも株主優待目当てでその株式会社の株式を保有している場合は多くの株を持っている方が有利となります。
中には長期間株式を保有することで株式優待内容が良くなっていくシステムになっている株式優待もあり、安定している株式会社が実践する長期間保有で優待内容のグレードが上がる株式優待も人気が高い傾向にあります。

株式会社側が株数を多く又は長く保有してもらうことで優待内容を良くするシステムを実践している理由は、株主が長く多く株式を保有することで安定した株主が増加することが見込めるからと言われています。
株取引に熟練した株主は長く保有することで又は株数を多く保有することで、より良い株主優待を受けることが可能になる株式会社を選ぶとされます。

メディアの影響で食事券や宿泊券などの株主優待目当てに株取引を始める人も増加傾向にあるようですが、配当のことを考えると株を多く持っていると株主優待を受けながら株数相当の配当金が入るため、上手く行うことで経済的に良好な運びとなります。
優待内容も大事ですが配当利回りにも目を向けることで株取引に於ける得を得ることができます

全ての株式会社で株数が多いほど得になるわけではないため、株数の多さや保有期間の長さで受けられる株主優待がグレードアップすることを期待する場合、取引を行っている株式会社の株主優待に定められているシステムから確認することが大事です。

株主優待を活用することで金銭の支払い無く高級なサービス及び商品を使用できたり、食事券でおいしい食事ができたり、宿泊券で格安な旅行にすることもできます。
株主優待への注目度が高くなっている理由は株取引の得するおまけのイメージが関係しているとされますが、実際に株取引を行う際は色々と確認するべき点があるので注意は必要です。

年間にどれくらいの株主優待が受けられるのか

株主優待を受けるためには権利が必要で、権利確定日時点での株の保有有無によります。
権利確定日時点で株を保有している場合は権利を得ることができ、権利の確定日が訪れた時点で株を保有していない場合は株主優待を受ける権利は与えられません。
権利確定日は株式会社によって異なりますが、一般的には3月か9月が多いとされます。
権利が確定する日までの株保有期間は問わず、各株式会社で定められた権利確定日に株を保有していることで権利を得ることができます。

株主優待目的で株取引を始めた時は取引している株式会社が定める権利確定日と優待適用金額を確認し、権利確定日の前までに株を保有すると保有してから短期間の内に株主優待を受けることが可能です。
銀行金利では預かりの期間が利息になるため取引期間が重要で、株取引では権利確定日が重点となります。
権利確定日と株取引開始までに要する時間を計算して上手く行うことで、株を1日保有するだけで株式優待を受けることができるという見方です。

長期的に株を保有することで株主優待の内容が良くなるシステムの株式会社では権利確定日直前で株を保有してからすぐに株主優待権利を受け取ることができたとしても株主取引の内容のグレードは高いレベルではなくなりますが、一定の株主優待は受けることができるため株主優待目当ての場合は権利確定日を重視して株取引を始めると取引開始から短期間で株主優待を受けることが可能になります。

年間に受けることができる株主優待の数は個人又は家庭で保有している株式会社の数によりますが、権利確定日の存在を上手く活用することで1年の内に多くの株主優待を受けることは不可能ではないとされます。
ただ、複数の株主優待を得るためには複数の株式会社と取引を行うことになり、株主優待の権利のためには一定の必要最低限金額を要するため、複数の株主優待を1年の内に得る時には資金がかかります。

資金の問題が解決している場合は、権利確定日と株取引開始のタイミングを計算して取引を始めることで取引期間が数日でも株主優待の権利を受け取ることができます。
年間に受けられる株主優待の数は特定されていませんが、権利確定日のことを上手く扱うことで1年の間に複数の株式優待を受けることが可能とされます。
ただ、注意点として株主記載がされるまでの期間があります。

株主としての記載がされるまでの期間は、株取引開始後(株購入後)3営業日かかります。
最低でも株主として認められるまでに3営業日かかるため、1日の保有で株主優待権利を入手することは困難と言えます。
株主優待のために保有期間を短く権利を手に入れる目的がある場合は、権利確定日と3営業日を把握しておくことが大切です。
一般的には株主優待に関して株保有期間を短くする意識がされることは少ないとされますが、状況によっては役立つ策となります。

株主優待にも期限はある

食事券や宿泊券などを受け取った時は、使い時を間違えたり使用する機会がないもので持て余してしまうことがあります。
使い時の間違いは珍しくはない話とされ、券を受け取ったことで落ち着いて使うことなく使用期限が切れている経験をした株主は多いとされます。
受け取る券は使用期限が定められており、その多くは1年や半年の有効期限です。気づいた時には有効期限が切れている又は有効期限間近で、急いで使用するケースもあります。

株主優待を目的として株取引を始めた場合も期限切れを経験したことがある割合は高めで、有効期限が1年の場合は使用機会が訪れる可能性が考えられますが半年は意外と早く過ぎてしまうことから知らぬ間に期限切れが発生しやすいとされます。
期限切れを防ぐためには常に持ち歩くと良いとされますが、複数の優待券や商品券がある場合は持ち運びが不便に感じられるかもしれません。
予定がある前日までに利用できる券の有無を確かめたり、ファイルノートに見やすいように収納しておくことも後々便利です。

株主優待で受け取った券が使うことがないものであった場合は、換金することで損はありません。
ただ、換金を行う時は換金を行うタイミングが重要となります。
食事券・買い物券・映画割引券・宿泊券などを換金する際は出来る限り高額な換金額になることが理想ですが、換金額を高額にするためには有効期限がポイントです。

優待券や商品券を買取して再び販売する側(金券ショップ)では、有効期限が間近な券は取り扱いに困ることから高値では買取してくれない傾向にあります。
有効期限に十分な余裕があり、販売しても需要がある券ほど高い金額で換金されます。
有効期限が短いと判断されるのは、有効期限残り1ヶ月の券や1週間の券です。
販売する期間も考えると、1ヶ月や1週間の有効期限は買取側のリスクが大きいため換金額は低めになります。
出来る限り高額で株主優待で受け取った券を換金したい時は、有効期限が短くなる前に換金ショップに持って行くことがおすすめされます。
使うことがないことが予測される券は早めに換金ショップで換金すると、高額で換金できる上に無駄がありません。

優待券や商品券の換金は換金ショップで行うことが基本ですが、インターネットを利用してネットオークションなどで販売する手段もあります。
買物券や宿泊券は食事券より有効期限が長い傾向にあり、買物券は日常で使用できることから買取手が見つかりやすいことが予測されています。

インターネット利用で販売する場合は、すぐに買取手が決まらない可能性もあるため多少のリスクはあります。
しかし、相場を調べて少し上乗せした金額で販売することができるためスムーズに売れることで利益になります。
換金ショップでは相場や価値でその場で換金できるため、売れない事態が発生せずにすぐにお金に換えることができます。自分に合った方法で換金することをおすすめします。