節約家がおすすめする株主優待とは

株主優待について考える男性株で投資をして配当金で利益を得ることは一般的に知られていることです。
株に投資することで物やサービスを得ることができる「株主優待」については意外と知られていないのが現状です。

株を一定数を決まった期間持っているだけで物やキャッシュバッグなどのサービスを得ることができるので、手軽に利益を得ることができます。
デイトレーダーのように常に株を売買する人でも、株主優待のために売らない株があるぐらいお得です。
人によって価値のある株主優待に違いはありますが、ちゃんとした知識があれば家計の節約家になることができます。

株主優待は日本独特の制度で、海外の企業にはありません。
株を保有してくれていることへの感謝の気持ちのようなものです。
多くの企業が年1回か2回の商品やキャッシュバッグなどのサービスをプレゼントしてくれるので、お中元やお歳暮みたいな感じです。
銀行で例えると、金利を商品やキャッシュバッグなどのサービスで払ってくれているようなものです。

株主優待は明治時代の鉄道会社から始まりました。
そのときの株主優待は鉄道の乗車券です。
その後、各企業が制度を取り入れ、現在では1000社以上が実施しています。

それだけ人気がある制度だということです。
企業の商品や金券がほとんどですが、中にはキャッシュバッグをしてくれるサービスを行っている企業もあります。
節約家にはキャッシュバックは嬉しいサービスです。
自社製品をもらうだけでも節約家としては大助かりなので、普段使っているような商品を販売している企業の株主優待を持つことをおすすめします。

株を買うだけでは株主優待をもらうことはできません。
企業が指定する株数を持っておく必要があります。
取り引きの株数が10株だったとしても、もらうためには100株必要な場合があります。
また、株の保有数によって物やサービスがグレードアップする企業もあります。
株の保有年数によってグレードアップする企業もあるので、余裕資金で買って中長期投資をすることをおすすめします。

いかに上手く株主優待を手に入れるかがポイント

同じ株を買うなら、安く買いたいと思うのは節約家なら当たり前です。
株主優待に必要な株は「権利確定日」に持っていることが条件になります。
「権利確定日」とは「決算日」のことなので、ほとんどの企業が3月31日か9月30日になっています。

その「権利確定日」の3営業日前が「権利付き最終日」になります。
この時期は株を買う人が増えるので株価が上昇します。
できれば「権利付き最終日」の1ヵ月前には買っておくようにすると損はありません。
先を見通すなら「権利確定日」が過ぎると株価は安くなってきますので、次回の株主優待のために買うのが一番出費が少なくて済みます。

節約家としては普段行かないようなお店の株主優待をもらうよりは、利用しやすい場所にあるお店の食事券や買い物券をもらう方がお得です。
例えば「イオン」「ビッグカメラ」「吉野家」「コロワイド」です。
また、飛行機を利用することがないのに航空券をもらっても使いようがありません。
金券ショップに売ることもできますが、自分で使ってこそ価値があります。

おすすめの株主優待は「イオン」「ビッグカメラ」「吉野家」「コロワイド」です。
株主優待のブログなどでもよく話題になる銘柄です。

「イオン」は買い物に行く人も多いかと思いますが、キャッシュバッグやイオンラウンジを利用することができます。
「ビッグカメラ」はお買い物券がもらえます。
「吉野家」は食事券がもらえ、「コロワイド」は系列店で使える食事券がもらえます。
「イオン」「ビッグカメラ」「吉野家」「コロワイド」は将来性がある企業なので、持っているだけでも損はありません。
これから株投資を始める人や株主優待に興味がある人は、ぜひ「イオン」「ビッグカメラ」「吉野家」「コロワイド」をチェックしてみてください。