株主優待をお得にもらう方法

株主優待について調べる主婦株主優待は今や家計の節約にも役立つことから、主婦の人でも株を購入することが珍しくありません。
優待内容から株を選ぶことも多々あります。
しかし、優待内容だけ見ていてはお得に優待をもらうことは難しくなります。
自分の資産に合わせた株価に注意しないと余裕資金が無くなってしまいます。
生活費を削ってまで株を買ってしまうと優待内容が良くてもお得にはならないからです。

自分のライフスタイルに合った気に入った株主優待を見付けたら、株価を見ます。
優待をもらうためには保有株の数をチェックすることも大切です。
1株の価格が安くても100株や300株の保有株が必要なことが多いです。
また、保有株の数が多い方が商品の内容が豪華になったり、たくさんの食事券などをもらえることがあります。
気を付けたいことは、たくさんの保有株があるより家族の名義で複数の人の口座から買う方がお得な場合があることです。

多くの保有株を持てば株主優待をたくさんもらえるのでお得だと感じますが、複数の人の口座を作って分散して株を買う方が少ない資金で商品が2個もらえたり食事券を2倍もらうことができます。
例えば、1株で優待が商品1個、10株で5個、20株で10個もらえるとします。
優待を5個もらうためには10株買う必要があります。
ところが、5人家族で口座を複数の人で作っておけば、5つの口座でそれぞれ1株ずつ買えば合計5株で商品を5つもらうことができます。
ほとんどの企業がこのようなシステムになっています。

未成年でも口座が開設できる証券会社が増えていますので、小学生でも口座開設ができます。
法律上では証券会社の口座開設をすることに年齢制限がないので大丈夫です。
複数の人が株を飼うことで株主優待をお得にもらうことができます。
また、証券会社のキャンペーンなどで現金プレゼントや売買手数料が無料になる場合がありますので、さらにお得に株を買うことができて株主優待をもらうことができます。

株の保有数によって株主優待の楽しみが増える

「優待利回り」という言葉があります。
これは「株主優待の利回り」のことです。
株を買う金額に対して、優待内容がどれだけお得かという指標です。
優待利回りは数値が高いほどお得ということになります。

企業の自社商品の場合は販売されている価格を調べれば優待利回りが算出できます。
食事券や買物券なら額面が分かっているので簡単に算出することができます。
優待利回りを計算するには「優待内容の価値を投資金額で割って100を掛ける」ことをすれば求めることができます。
気に入った株主優待が複数あって迷った場合に、優待利回りを算出して決定する方法ならお得に選ぶことができます。

証券会社の口座を複数の人に分散管理すればお得に株主優待をもらえますが、デメリットがあります。
口座開設料や維持手数料が口座の数だけ掛かってしまうことです。
口座の数だけ料金が掛かってしまうのは大きなデメリットになってしまいます。
証券会社の口座開設料や維持手数料は総合証券で発生します。

ネット証券では口座開設料や維持手数料は無料になっています。
最近では口座開設料や維持手数料を廃止する証券会社が増えています。
手数料のせいで顧客が減ってしまうことや増えないことは、証券会社にとって大きなデメリットになるからです。
複数の人の口座開設料や維持手数料はデメリットになりますので、ネット証券などの無料の証券会社を選ぶことが重要です。

デメリットを考慮して複数の人の口座を開設して保有株を増やすことで、少ない資金で株主優待を多くもらえることができてお得になります。
更に優待利回りも考えて株を買うようにすれば、家計の大きな節約につながります。
賢く株を買うことで株主優待の楽しみが増えていきます。