少額投資で株を始めてみよう

節約してお金を貯めたいけれど貯金の金利は低く、思うようにお金が増えないという悩みから投資に関心を持っている人は、たくさんいます。
株の売買にかかる手続きや有利な証券会社の選び方、投資への運用資金など、超えなければいけないハードルが高く、投資に魅力を感じつつ、なかなか実行できていないというケースもあります。

少額投資とは、少ない運用資金で投資をするということです。
月々500円くらいから積み立てる投資信託や1万円くらいの運用資金で、株を売買することで、手持ちのお金を増やすことはできます。
少額投資のコツは、最初は少ないかなと思うくらいの資金量で、ローリスクで有利な株などを選び、少しずつ運用資金を増やしていくことです。

株の魅力は、配当金と株主優待です。
長期間継続して同じ有利な株を購入するのか、または長期間継続して投資信託を積み立てていくのかは、今の資金量と、いつまでにいくらくらい増やしていきたいかという投資戦略を立てることが大切です。

証券会社は、ネットか店舗か自分にとって使いやすい方を選びますが、投資先は、すすめられたものではなく、自分で選ぶという投資戦略が鍵になります。
手数料や税金等のことも、自分で情報を得て、少しでも有利でローリスクな投資戦略を立てます。
一度、しっかり投資戦略を立てて、時々、自分のペースに合わせて運用資金の進捗状況を確認すると、少額投資を長期間継続していくことが可能になります。

貯金と違い、値動きに左右されるので、購入した株の評価額が下がることもあり、一喜一憂して、慌てて売ってしまい、その後大きく株価が上がるという残念な結果とならないように、チャートを見たり、市場のニュースを聞いたりしてアンテナをはることも大切です。
今まで気づかなかった社会の動きや世論も、株価に大きな影響を与えていることが分かり、生活に楽しみも出てきます。
少額投資は、今の自分のライフスタイルを大きく変えないで、しかも新しい視野や可能性が広がってくるところが魅力です。

少額投資ならリスクが少なく済む

株式投資は、資金量が大きいほど有利です。
10万円の10倍は100万円ですが、1000万円の10倍は1億円です。
10間遠の資金量で1億円をめざすには、1000倍という手の届きそうにない数字が出てきます。
ですが、ハイリターンはハイリスクを伴います。
ローリスクを長期間継続するという投資戦略には、小額投資が合っています。

まずは、30万円くらいの少ない資金量から始めて、100株で5万円から15万くらいの企業を選んで少額投資をすれば、リターンも高くはないけれどローリスクになります。
ローリスクを視野に入れて、損切り等の手法も学びながら自分なりの少額投資を長期間継続すれば、チャートの見方も身についてきます。
世界の大統領の発言が株価に瞬時に与えていることを実感すると、投資の面白さにつながります。

ニュースや家族との話から、これから株価が上がっていきそうな銘柄を自分で選び、少額でも利益が出てくると、趣味としてお金を増やす楽しさが出てきます。

ポイントは、たくさんある情報から取捨選択する情報選択力です。
たくさん儲けたいと知らない銘柄に手をつけて損をすることのならないように、情報に踊らされないことです。
できるだけ安く買って、できるだけ高く売ることで、利益が出ます。
買いたい銘柄は、今、底値なのか、これからどんな周期でどれくらい上がりそうかということを見極めて、自分の売るタイミングと目標値を決めてしまえば、ちょっとした値動きに反応して慌てなくてもすみます。

株価ボードやチャートは、専門用語も使っていて分かりにくい部分もありますが、自分に分かる範囲で、自分に合った資金と投資のペースを続けていくことで着実にお金を増やしていきたいものです。