おすすめの株主優待の人気銘柄

NISAの登場で今まで株式投資の経験がない方も株や投資信託による運用を始めるケースが増えています。
投資信託を始める時は必ず投資信託の解約手続きについても学んでおくと、もし投資信託を辞めようと思った時にもすぐ対応できるため良いでしょう。
株を始めたばかりの個人投資家は有名企業の株に注目するとともに株主優待を実施している会社にも注目します。
自社製品が魅力的な会社や株価が上昇トレンドにある株は特に意識されています。

株式市場に上場している会社の数は4000社近くありますがその中で株主優待制度がある会社は1300社以上にのぼり毎年増えています。
その内容も魅力的なものが多く優待狙いで個人投資家の人気になっている銘柄もあります。
特に比較的購入しやすい10万円以下の上昇トレンド中の銘柄が人気です。
長い期間上昇トレンドであることは投資家にとって安心感があり長期の投資には向いている銘柄です。

優待券の画像株主優待にはその会社が扱っている自社製品や無料優待券、お食事券や割引券の他にお米券などの金券があります。
その会社の商品やサービスを試してもらいファンになってもらうという目的もあります。

普段からよく利用している商品やサービスであればお得に感じます。
例えば大手のファストチェーンや牛丼チェーンの株はファミリー層やサラリーマンに人気です。
普段お金を支払い利用しているので株主優待がもらえると少し得をした気分が味わえます。
また、遊園地などのアミューズメント施設の優待券も人気です。
気に入っている施設を運営している会社の株主になるという喜びもありますが無料入場券がもらえることで定期的に施設が使用できるのは魅力です。

株主優待を受けるためには株主になる必要がありますがある程度の資金が必要です。
余裕のある資金での取引をおすすめしますが、株主優待を実施している企業の銘柄のうち10万円未満で入手できるものもあります。
証券会社のツールでスクリーニングすることで簡単に見つけ出すことができます。

投資金額が10万円以下の人気銘柄は回転寿司チェーンや牛丼チェーンなどの外食産業のものが多いですが中にはおもちゃのメーカーなどもその優待欲しさに人気となっています。
自社の看板商品のミニカーで非売品のものを作成しそれを優待にしているので収集家には垂涎のレア物として注目を集めています。

生活に必要なもの、手に入りにくいものなど株主優待を調べることは株式運用を楽しくします。

自社製品の株主優待はアピールポイント

自信をもって押す有効期限付きの自社製品を株主優待にしている会社は多く、そこには新製品や新サービスを試して好きになってもらいたいという願いが込められています。
次々と新しい製品を開発してアピールする会社は元気な企業です。
株主に自社製品を定期的に贈り定期的に試してもらうため有効期限があります。
有効期限は半年から1年くらいの期間ですのでそれまでに使用する必要があります。
優待を受け取ったら有効期限を確認することが必要で、単元数が多い株主は計画的に利用することをおすすめします。

10万円以下で買える銘柄の中からそういった活力のあるものを探すのは楽しい作業です。
伸びしろがある企業は人気銘柄でもあり上昇トレンドにありますので安く買ってじっくり育つのを待つのも楽しいものです。

逆に人気銘柄の中から10万円以下の銘柄に絞りみんなの注目している上昇トレンド中の人気銘柄に狙いを定め押し目を拾うのも良い投資戦略です。
人気銘柄となっている会社は10万円以下で買える銘柄であっても自社製品には光るものがあり優待を試すことを通じて商品の優れた点を確認することも出来ます。
有効期限をしっかり確認して株主優待を満喫するのはおすすめの投資方法といえます。
自社製品の株主優待制度を通じてアピールするポイントを理解することは会社の現在の状態や将来性を理解することにつながり、共感することでその会社を応援することにもつながります。

その企業を応援してくれるファンの存在はその会社の社会的な価値を高めると同時に成長させてくれる活力にもなります。
投資本来の目的と合致します。
楽しみながら株式投資を行い、社会に必要な企業を応援する日々は充実した投資生活といえます。